ログハウスって?
 


新宿泊棟イメージ図
*クリックで大きな画像を表示


ログハウスとは、一言で言えば木材を井桁状に交互に組み合わせて造る丸太小屋のことです。
ログとは丸太のことを指します。

今回建設する宿泊棟は、フィンランド製のキットで、ログハウスの中でもマシンカットログと呼ばれるものです。
マシンカットログとは、断面の丸い切りっぱなしの丸太ではなく、角材の様に面取りしたものを言います。
そのため”ログハウス=丸太小屋”というイメージとはちょっと違います。
(活動報告/”2000.10研修視察旅行速報?”参照のこと)

さらに今回使用するのはマシンカットログの中でも、ラミネートログと言うもので、二つの木目の違うログを張り合わせることにより、木の収縮による誤差を相殺し、より精密な建物となる優れものなのです。

  
マシンカット     組み合わせた状態
ラミネートログ

もどる

HOME